レーザー脱毛前後にお酒がNGとされている理由とは

脱毛21

レーザー脱毛は脱毛効果の高さや短期間・短時間で施術が終わるところなどから、人気を集めている脱毛方法ですよね。

そんなレーザー脱毛をする前後にはいくつかやってはいけないことがあるのですが、その中の一つとして言われているのがお酒を飲むことです。そこで今回は、レーザー脱毛とお酒の関係性について解説していきます。

お酒を飲んではいけない理由とは?

一般的にレーザー脱毛をはじめとした脱毛を行う前後は、お酒を飲まない方がいいと言われています。実際の脱毛サロンや美容クリニックでも、施術前後の飲酒は控えるように指導を受けたという人も少なくありません。このようにレーザー脱毛をする前後にお酒を控えるように言われる理由としては、血行が良くなってしまうからだと言われています。

お酒の主成分であるアルコールには血行を促進する作用があるのですが、レーザー脱毛などの脱毛を施術する前後に血行が促進されてしまうと様々な悪影響や肌トラブルを起こしてしまうリスクがあるのです。

特にレーザー脱毛の場合はほかの脱毛方法よりも肌に対しての刺激が大きいため、血行が過剰に促進された状態だと通常よりも影響が強く出てしまうという懸念もあります。

そのため、できる限り施術前後はお酒を飲まないようにした方がいいと言われています。

施術前にお酒を飲んだ場合の影響

ここで気になってくるのが、レーザー脱毛を受ける前後にお酒を飲んだらどのような影響が出てくるのかという点です。例えばレーザー脱毛を施術前にお酒を飲んだ場合、血行が促進されるだけではなくその影響によって肌が火照りやすくなります。

これによってレーザー脱毛によって発生する熱が肌の表面にこもりやすくなってしまい、いつも以上に熱さや痛みを感じる・激しい痒みを感じてしまうという人がいます。さらに痒みを我慢できずに掻きむしってしまうと肌にダメージを与えてしまうため、施術後の肌のケアが難しくなってしまうようです。

また施術前にお酒を飲むことで酔った状態になるのですが、その影響で施術途中で気持ち悪くなってしまうというケースも懸念されています。そのまま無理に施術を続けると吐いてしまう可能性があるほか、個室で施術をする場合は部屋の中がお酒臭くなることも考えられます。

そうなると自分自身への悪影響というよりもお店側にとって大きな迷惑になる可能性が高く、マナー違反だと指摘されているのです。

施術後にお酒を飲んだ場合の影響

では施術後すぐにお酒を飲んだ場合にはどのような影響が出てくるのかというと、こちらの場合もまず考えられるのが肌の痒みです。レーザー脱毛を行った後は肌が熱を持っている状態なので、普段よりも敏感になっていたり痒みを感じやすくなっています。

そのような状態でお酒を飲んでしまうと血行が良くなって、さらに敏感になったり痒みを感じやすくなることは当然の結果だと言えます。それだけならばいいのですが、あまり肌が敏感になるとちょっとした刺激でも痛みに繋がりやすいですし、痒みが強くなると思わず掻きむしってしまうという人も少なくありません。

結果的に肌トラブルを起こしてしまうことになるため、注意が必要です。ほかにもお酒は血行を促進してくれる代わりに体温が下がってしまうという作用を持っていて、体温が下がると肌の表面が乾燥しやすくなります。実は肌が乾燥してしまうと脱毛効果を低下するという大きなデメリットがあり、脱毛後にお酒を飲むという行為を繰り返すとどんどん脱毛期間が延びてしまうのです。

そうなるとコスト面でも大きなデメリットになるため、レーザー脱毛をする前だけではなく直後もお酒は控えた方がいいとされています。

レーザー脱毛前後はいつからお酒を飲んでいいのか

水着の女性24

レーザー脱毛前後はお酒は控えた方がいいとされているものの、何時から何時まで飲んではいけないのか、何時から飲んでいいのかわからないと様々なお酒の付き合いに影響が出てきますよね。例えばレーザー脱毛の施術前であれば、体内に摂取されたアルコールの分解速度に個人差があるため、何時間前と定めることが難しい傾向にあります。

そのため一般的には施術を受ける前日は飲まない方がいいと言われていて、特に前日の夜は控えてほしいと指導しているサロンやクリニックが多いです。またレーザー脱毛の施術後であれば、できる限り当日はお酒を避けた方が望ましいと言われています。

実際には脱毛後の肌の赤みやほてりが落ち着いた状態であれば当日にお酒を飲んでも問題はないとされているものの、人によっては何らかの影響が出てくる可能性もあります。このため出来る限りお酒は施術をした翌日以降にすることがおすすめされていて、万が一施術後にお酒を飲んでしまった場合は症状に応じたケアで対応が可能です。

レーザー脱毛が終わらない?考えられる原因は?

お酒を飲んだ場合はレーザー脱毛はできるのか

もしもレーザー脱毛を予約している日の前日にお酒を飲んでしまった場合、多くの脱毛サロンや美容クリニックでは施術を断っています。これは施術中に万が一のトラブルを予防するためであり、お店側の責任を回避するためだと考えられています。

施術する本人がお酒を飲んだことを言わなければ施術される場合もありますが、お酒臭かったり言動が怪しいと判断されれば施術そのものが中止されることもあるようです。そのような場合には1回分の施術が消費されるのかどうかはサロンやクリニックによって対応が異なりますが、当日に断られた場合は施術1回分が消費される可能性が高くなります。

このため余計な回数を消費したくない場合は前日にお酒を飲まないようにするか、飲んでしまったことを施術前に伝えておくことがおすすめです。

施術後に万が一お酒を飲んでしまった場合の対処法

脱毛26

またレーザー脱毛をした当日にお酒を飲んでしまった場合は、人によっては赤みや痒みなどの症状が出てくることがあります。そのような症状が出た時にはまず症状が出ている場所を冷やすようにして、症状が改善するのかどうか様子を見ます。

それで落ち着けばいいのですが、もしも症状が落ち着かない場合は皮膚科などの医療機関を受診することがおすすめです。ちなみにレーザー脱毛であれば美容クリニックなどの医療機関で施術を受けている人も多いので、そちらで診察をしてもらうという方法もあります。

美容クリニックの場合は施術後にケア用の軟膏を処方してもらえるケースもあるため、冷やすとともに軟膏を塗って様子を見るという人もいます。